張り子

琉球張り子について
琉球張り子は昔、沖縄で頻繁に作られていた玩具です。
主に*ユッカヌヒ─と言われるお祭りでの玩具市で売られていたことが有名です。
南国特有の色使いが印象的ですが、明治以降セルロイドやブリキのおもちゃの出現によりだんだん衰退していきました。
しかし今でも、少数ではありますが職人の手によって伝統とその志は受け継がれています。
代表的なものに「ウッチリクブサー(起き上がり小法師)」、「チンチンウマ小(馬乗り)」などがあります。
当サイトではこの琉球張り子の紹介を行っております。

*ユッカヌヒー 旧暦の五月四日のことを意味する。この日は、那覇、糸満を初めとして沖縄各地でハーリーが催され、特設の玩具市が立つ。昔は、那覇の大門前(ウフジョーメー)通りや首里の綾門(アヤジョー)通りなどがとくに賑やかで、起き上がり小法師やウメントー(紙びな)、チンチン馬小など色とりどりのおもちゃが並べられ、子どもたちの夢をさそったものである。親が子供の健やかな成長と立身出世を祈って買ってくれたおもちゃを子供は大切に扱った。

chinchin_umakoinoriucchirijurihatomilkmilk2ushisarutamanori_sisatenoriinu

張り子」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: 17世紀から生きてる沖縄のゆるキャラ「琉球張り子」ー日本の、ちょっといいもの。 | None.

  2. ピンバック: moimoi琉球紀行①/首里城&café sui&琉球張子@1号 | moimoi小麦粉♪

  3. 中村

    豊永さま
    急がせてすみません。表紙の絵、息子のアドレスへお送りください。
    中村

    中村 亘

  4. 名無しのリーク

    香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です